【育毛シリーズ】頭皮の色で分かる育毛のため豆知識。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
青白い頭皮

こんにちは

京都市伏見区と東山区の間にあるメンズカット、お顔そりのできる理容室ファミリーサロンセブンです。

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます。

 

今日は頭皮の色について。

 

健康な髪を長く保つためには、頭皮が健康でなければいけません。頭皮の色を見ることで頭皮の健康状態をチェックすることができます。

 

頭皮の色は大きく分けると青白、黄色、ピンク、茶色に分類できます

 

○頭皮が青白い

 

健康な頭皮は青白く透明度があります。このような健康的な頭皮は1つの毛穴から3~4本の毛が生えていてます。

毛穴に皮脂も詰まってない弾力のある柔らかい頭皮です

 

青白い頭皮

青白い。

 

 

 

 

○頭皮が黄色い

 

頭皮が黄色いのは睡眠不足やストレスなど、生活習慣が不規則だったり、栄養不足、偏食を日常的に繰り返していると、血液の循環が悪くなり、毛穴に皮脂が詰まってしまい頭皮が黄色っぽくなってしまいます。

頭皮が黄色い

黄色い。

 

 

○頭皮がピンク色

 

頭皮も顔と同じように皮下組織の上に真皮と表皮という層が重なっています。表皮が真皮から水分を奪われないようにしたり、外部の刺激から真皮を守っているのですが、表皮の機能が低下すると真皮からコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が失われます。

そして保湿力の弱まった頭皮は乾燥してピンク色になってしまいます。

 

頭皮がピンク色

ピンク。

 

〇頭皮が赤い

 

一見赤い方が血行が良さそうな感じがしますが、頭皮にあるのはとても細い血管(毛細血管)なので血行が良いからと言って赤くなることはないのです。

赤くなるのは紫外線を浴びて炎症を起こしたり、血行が悪くなっていたり、新陳代謝が悪くなっているからです。

頭皮の血行が悪くて赤くなっている場合は抜け毛や薄毛に繋がることもあるので、早めにケアしましょう。

またシャンプーやヘアトニックを付けた後に頭皮が赤くなることがあります。これはシャンプーやトニックなどに含まれている合成界面活性剤や防腐剤、香料などの科学的に合成された成分が頭皮を刺激することによるものです。

シャンプーは合成界面活性剤、香料のできるだけ入っていない無添加のものを使う事をおススメします。

 

頭皮が赤い

赤い。

 

 

○頭皮が茶色い

 

頭皮が茶色のあなたはかなり深刻です。

血行が良くないため、古い血が溜まっている状態です。

髪が成長するために必要な栄養分が足りないのと、酸素の供給が不十分なため、老廃物が蓄積し、健康な髪の毛が成長しない恐れがあります。

健康な頭皮は青白く柔らかいのですが、頭皮が赤や茶色の人は皮膚も突っ張って頭皮が硬くなっています。

これは頭皮の下に脳があるためです。人間の体は大切なところを守るようにできています。髪が無くなると脳を守る為に頭皮が厚く硬くなっていき、新しい髪も生えにくくなっていきます。

 

頭皮が茶色い

茶色。

 

○自分で頭皮チェックしてみましょう

 

頭皮を両手の指の腹で軽く押さえ持ち上げるように動かしてみましょう。硬かったり動きにくければ要注意です。

頭皮マッサージやヘッドスパを定期的にするのも効果的です。

自分で頭皮マッサージをする時は強くしすぎないようにしてください。強すぎると逆に毛細血管を潰して頭皮を硬くしてしまいます。

ブラシで頭をたたくのもあまり良くありません。頭皮と毛根を傷つけてしまうからです。

自分でマッサージするのなら両手の指の腹で頭を包み込むようにもち円を描きながら皮膚だけをずらして動かすようにマッサージしましょう。

頭皮の色が赤や茶色のあなたは特に要注意。バランスの良い食生活、ストレスをためない、睡眠をしっかりとる、合成界面活性剤や防腐剤、香料などが使われているシャンプーなどを使わない、など普段からの生活習慣を意識して変えていくことで健康な頭皮を守りましょう

 

今日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました

 

ファミリーサロンセブン
カット、顔そり専門 京都市東山区、伏見区

 

ホームページ
http://seven-7.jp

 

ご予約、お問合せはお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。