【AGA(男性型脱毛症)の原因は?】育毛のために必要な知識。京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブンです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
髪が抜けた

こんにちは

 

 

ファミリーサロンセブンです。

 

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

 

 

 

今日は

 

 

AGA(男性型脱毛症)になる原因

 

 

です。

 

 

髪が抜けた

あっっ。

 

抜け毛や薄毛といった髪の毛に悪影響を与える原因はいったい何なのでしょうか?

 

 

AGA(男性型脱毛症)が抜け毛や薄毛に影響を与える原因の多くは男性ホルモンです。

 

 

なぜ男性ホルモンが前髪や頭頂部を薄毛にしてしまっているのか?テストテロンというものがなぜ髪の毛の成長を妨げるのか?について書いていきますね。

 

 

男性ホルモンの影響

 

髪の毛が抜けてしまうハゲの前兆は抜け毛や薄毛、細毛と言われるようなものです。

 

 

それが進行してしまって徐々に髪の毛が細くなり抜け毛が増え薄くなり無くなってしまうんです。

 

 

そんな抜け毛や薄毛の原因になっているのがAGA(男性型脱毛症)なんですね。

 

 

AGA(男性型脱毛症)になる原因は男性ホルモンが髪の毛の成長をとめてしまうからだと言われています。

 

 

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドテストテロン)が高濃度に見られます。

 

これが髪の成長期を短くすると考えられています

 

成長期が短くなると髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまいます。

 

髪の毛が十分に育たず、細く短い髪が増えると全体として薄く見えるんですね。

 

 

でもこのジヒドテストテロンというのはものすごい強力な男性ホルモンなんです。

 

 

元々「テストテロン」というのに「5-aリダクターゼ」がくっついて「ジヒドロテストステロン」という物質に変化するんですね。

 

 

「ジヒドロテストステロン」は「テストテロン」の約20倍以上の威力をもったホルモンなんです。

 

 

「ジヒドロテストステロン」は皮脂を大量に分泌させてしまい、毛乳頭や毛母細胞の働きを邪魔して髪の毛の成長を止めてしまいます。

 

 

そして髪の毛のサイクルを短くしてしまい、本来髪の毛の成長に必要な栄養や成長期間を乱してしまいます。

 

そして太い髪の毛に成長させることができないまま、細く弱い髪の毛を作り出していってしまうのです。

 

 

テストテロンに5-aリダクターゼがくっつきジヒドロテストステロンになります。

 

 

そしてジヒドロテストステロンが抜け毛や薄毛の原因を作っているんですね。

 

 

 

せっかくなのでジヒドロテストステロンを減らす方法を3つ書いておきます。

 

・有酸素運動

・食事

・サプリメント

 

この3つはおススメです。

 

・有酸素運動

 

まず有酸素運動ですが健康な体を作るには運動というのは欠かせません

 

そこそこハードな運動でもいいのですが続かないと意味がないので毎日最低20分のウォーキングをしてみてください。

ウォーキングをすることで男性ホルモンのテストロンが筋肉を作ってくれます。

 

そうすることで5-aリダクターゼとくっつく量が少なって自然とジヒドロテストステロンを少なくすることができます。

 

 

・食事

5-aリダクターゼを抑制するのに効果的な食事はイソフラボンと亜鉛を含むものです。

 

イソフラボンも亜鉛も5-aリダクターゼを抑制する効果が高い食べ物なのです。

 

代表的な食べ物としてはイソフラボンは豆腐や納豆などの大豆類、亜鉛は牡蠣や黒ゴマなどに多く含まれています。

亜鉛の効果とおススメの食べ物についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

⇒亜鉛の効果と亜鉛を多く含む食べ物。

 

 

・サプリメント

 

5-aリダクターゼを抑制するのに効果があるサプリメントとして

・フィナステリド

・ノコギリシア

この2つがあります。

 

フィナステリドは皮膚科専門のクリニックなどで処方されるものです。

 

そしてAGAにはとても効果があるとされているんですね。

 

そしてフィナステリドもノコギリシアももともとは前立腺肥大という病気を治すために使われていたものなんですね。

 

なぜ前立腺肥大と髪の毛が関係あるのかというと、この前立腺肥大も5-aリダクターゼが原因の1つとされていたからなんですね。

 

そして5-aリダクターゼを抑制するのに効果が高かったからなんです。

 

 

なので有酸素運動、食事、サプリメントなどを普段の生活の中に取り入れて5-aリダクターゼを抑制し、男性ホルモンを抑えAGAの進行を遅らせるという意識も大事ですね。

 

 

 

 

毎日記事を読んでいただいている方は分かっていただけると思いますが、AGAも含め抜け毛や薄毛を防いだり、進行を遅らせるには、普段からの生活がとても大切なんですね。

 

睡眠不足や毎日の睡眠サイクルがバラバラだったり、脂っこいものばかり食べる、塩分が多すぎる、夜中に食事をするなど食生活に偏りがあったり、刺激物や添加物の摂りすぎ、ストレスが多いなどの精神的なものというのもすべて身体全体に悪い影響を及ぼします。

 

身体に良くないという事は同時に髪の毛にも良くないという事です。

 

なるべく早寝早起きを心がけて、規則正しい生活をし、食事はある程度時間を決めて内容はバランスよく、出来るだけストレスのかからないような生活を送ると言うのが髪の毛や頭皮を守ることにもつながるということを覚えておいてください。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ファミリーサロンセブン

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付AM8:30からPM7:00
カラー受付AM8:30~PM5:30

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。