シャンプー

【髪の毛の正しい洗い方】京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブン

シャンプー

こんにちは

 

 

京都市伏見区の理容室「ファミリーサロンセブン」です

 

 

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

 

 

今日は正しい髪の毛の洗い方です

 

 

泡立てる

泡をたてよう。

 

髪の毛を清潔にしておくことは抜け毛、薄毛予防のためにとても大切な事ですね。

 

 

お風呂場で髪の毛を洗う時のシャンプーの仕方についてです。

 

毎日お風呂に入って髪の毛を洗っている方も多いと思います。

 

 

髪の毛の洗い方1つで抜け毛を減らして薄毛予防をしていくことができるので、髪の毛の洗い方や順番について書いていきたいと思います。

 

 

髪の毛は毎日洗う

 

 

抜け毛を減らして薄毛を予防していくには、髪の毛を清潔に保つことと頭皮の汚れを落としてキレイにすることが大事です。

 

 

髪の毛や頭皮を清潔に保とうと思ったら毎日髪の毛を洗ったほうがいいです。

 

 

昼間のうちに髪についたホコリや皮脂をとりましょう。

 

 

ちょっと今日は疲れたからお風呂に入らないでおこう、頭を洗わないでおこうというのはあまりよくありません。

 

 

髪の毛や頭皮がキレイな状態で寝ることで寝ている間に髪の毛はしっかりと成長していきます。

 

 

人間の身体は22時から2時の間が1番身体を回復させ、成長させます

 

 

これは髪の毛と頭皮にも同じことが言えます

 

 

その時に頭皮にホコリ、汚れ、皮脂などが過剰についていると髪の毛と頭皮の回復、成長を妨げます。

 

 

なので髪の毛は1日1回、夜に洗うのが良いです。

 

 

髪の毛は清潔にしておいいた方がいいですが、洗いすぎや朝シャンは髪の毛や頭皮にはあまり良くないので注意してくださいね。

 

 

朝シャンが髪に良くないというのはこちらの記事に書いてあります

⇒朝シャンが髪や頭皮に良くない理由

 

 

髪の毛の洗い方と順番

 

髪の毛は夜に洗う方がいいと書きましたが、ただシャンプーをつけて洗えばいいというものではありません。

 

 

シャンプーはつければいいというものではありません

 

実は髪の毛を洗うのには正しい順番、洗い方があります。

 

 

ただ洗っているだけでは抜け毛予防にはならないんです。

 

 

逆に抜け毛を増やすことになりかねません。

 

正しい順番、洗い方というのを書いていきます。

 

正しい頭の洗い方

 

①湯船にしっかりつかる

 

②ぬるめのお湯で髪の毛を流す

 

③シャンプーをつける

 

④シャンプーを流す

 

という流れです

 

 

・湯船にしっかりつかる

まずは湯船にゆっくりしっかり浸かってください。

そうすることで身体に汗をかき、血液の流れが良くなって毛穴が開きます。

 

毛穴が開くと溜まっている老廃物などをキレイに取り除くことができます。

 

 

・ぬるめのお湯で髪の毛を流す

湯船に浸かったあとは髪の毛を38度~40度ぐらいのお湯で2~3分洗い流します

ここでまず最初に髪の毛や頭皮についている汚れや皮脂をお湯だけでしっかりと洗い流します。

しっかりと濡らし、頭皮を流すことで汚れや皮脂も取れますし、シャンプーの泡立ちも良くなるので、しっかりと汚れを落とすことができます。

シャンプーの下準備のようなかんじですね。

 

・シャンプーをつける

ここでシャンプーの登場です

ここで気を付けなければいけないのは、シャンプーの原液をそのまま頭皮につけないという事です。

原液をそのまま頭皮につけると、毛穴が詰まりやすくなってしまいますし、頭皮に良くないです

しっかりと手にシャンプーをつけて、てのひらで泡立ててから泡の状態で髪の毛や頭皮を洗うようにしてください。

最初のお湯をしっかりすすぐことで髪の毛は泡立ちやすくなっています。

この時に下を向いて髪の毛を洗うとキューティクルが開きやすくなってしまうので良くないです

本当は上を向いて洗うのがいいのですが、洗いにくい方は頭を下げないように正面を向くようにして洗ってください。

 

・シャンプーを流す

ここが毎日のシャンプーで1番大切なポイントです。

シャンプーというのはちょっと流しただけですぐ落ちたような気になります。

でも一見キレイに流れ落としたと思っていても頭皮や毛穴に洗い残しがあることが多いんです。

なので洗えたなと思ってからあと2~3分はお湯ですすぎながら洗い流してください

この時注意するのはしっかり洗おうと爪を立てすぎてしまったり、ゴシゴシこすりすぎる事です。

爪を立てすぎると頭皮に傷がついたりする恐れがありますし、ゴシゴシこすりすぎることで頭皮の皮脂を取りすぎてしまいます。

皮脂というのは多すぎてもいけませんが少なすぎてもいけません。

指の腹でマッサージするようなイメージでこすりすぎないようにすすぎましょう。

ここで洗い残しがあるとシャンプーの残留物が毛穴を詰まらせててしまったり、頭皮トラブルの元となって抜け毛、薄毛に繋がってしまいます。

あとはお風呂から上がって髪の毛もしっかり乾かして下さい。

髪の毛が濡れている状態というのは、ダメージを受けやすくなっています。

 

 

 

まとめ

 

髪の毛の正しい洗い方を書いてみました

抜け毛、薄毛を予防するには髪の毛と頭皮をいつも清潔に、キレイな状態にしておくことが必須です。

なので髪の毛は1日1回夜に洗う方がいい。

ただ、洗うにも頭皮や髪の毛に良い洗い方をしないと逆に抜け毛、薄毛の元になることもあるので正しい洗い方をするのが大切です。

正しいシャンプーをして健康な髪と頭皮を守りましょう

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ファミリーサロンセブン

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付AM8:30からPM7:00
カラー受付AM8:30~PM5:30

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

 

【朝シャンが髪や頭皮に良くない理由】京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブンです

シャンプー

こんばんは

 

 

 

京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブンです

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

 

今日は朝シャンについてです

 

 

 

 

シャンプー

これ朝シャン?

 

 

朝シャンて何?て方はおられますでしょうか?

 

いない?

 

 

朝シャンは朝にシャンプーすることです

 

 

そのまんまですね

 

 

 

朝にお風呂に入ったりシャワーをすると気持ち良いですね

 

 

目が覚めるというか、頭がさえる感じがします。

 

 

でもその朝シャンですが実は髪や頭皮にとってあまりよくないって知ってましたか?

 

 

朝シャンすることによって抜け毛が増えたり頭皮の皮脂を取りすぎてしまったりすることがあるんですね。

 

そんなことを調べてみました

朝シャンって気持ちいいですよね

目が覚めてまずお風呂おに入る、シャワーをする。

 

何とも気持ちの良いものですね

 

朝シャンの良いところは

 

・眠気が覚める

・寝グセがとれる

・寝汗を落としてスッキリする

・髪もサッパリする

 

などでしょうか

この理由だけ考えると朝シャンは良い事だと思います。

 

ただ朝シャンのデメリットもあります

 

そのデメリットが髪の毛や頭皮に負担をかけることもありますので注意してくださいね。

 

〇朝シャンのデメリット

 

・キレイに洗えていない

 

朝ってなかなか時間がない方が多いんじゃないでしょうか。

 

特に冬場はギリギリまで布団から出たくない人も多いです。

 

仕事や学校が始まる時間は決まっているのでその時間を気にして頭を洗うと普段より洗う時間が短くなってキレイに洗えなかったり、シャンプーの洗い残しが出てきたりします。

 

シャンプーの洗い残しというのは頭皮にとってはよくないです

 

シャンプー液が頭皮に残ってしまったり、毛穴に入ったままになってしまうと抜け毛の原因になってしまいます。

 

・頭皮の皮脂がなくなる

 

朝シャンをすることによって毛穴の根元に付着している皮脂が洗い流されます。

 

皮脂というのは多すぎてもいけませんが、取りすぎてもいけません

 

皮脂は日中知らず知らずのうちに受けている紫外線のダメージから頭皮を守る役目があります。

 

朝シャンすることによって頭皮を守る皮脂が少ない状態になりダメージを受けやすくなってしまいます。

 

⇒皮脂っていったい何者?

 

・髪が育たない

 

朝シャンする方というのは夜にお風呂に入らなかったりシャワーをしない方も多いです。

 

夜に髪の毛を洗わないということは、髪や頭皮の汚れをそのままにして寝てしまうという事です

 

髪の毛というのは夜に育ちます

 

特に22時~2時までの間が1番活発に成長や活動をします

 

髪の毛だけでなく身体もそうなんですが寝ている間に疲れをとって元気な状態にしてくれます

 

髪の毛や頭皮がキレイな状態になっていないと成長の妨げになってしまうんですね。

 

 

頭皮が汚れていては頭皮や髪にとって必要な栄養分や酸素が行き届きにくくなり抜け毛の原因になってしまうこともあるんですね。

 

 

朝シャンが髪や頭皮によくない理由について書いてみました。

 

朝シャンは気持ちが良いですし、身体をシャキッとするのにはいいと思います。

 

しかし髪や頭皮の事を考えるのであれば夜にしっかり時間をかけて洗う事をおススメします。

 

そしてシャンプーは1日1回でいいです。

 

もし夜もお風呂に入って朝シャンもするのなら、せめて夜はぬるま湯でシャンプーを使わずに汚れを落とすことをおススメします。

 

お湯で流すだけでも頭皮の汚れや皮脂はある程度落ちるのでしっかりと流して清潔にしてから寝ましょうね。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

《ファミリーサロンセブン》

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせは0お電話かライン@でお願いします

 

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

【育毛シリーズ】育毛のために使ってはいけないシャンプーは?

シャンプー中の画像

京都市伏見区の理容室
「ファミリーサロンセブン」です

 

いつもブログをご覧になっていただき
ありがとうございます

 

今日はシャンプーについてです。

 

 

シャンプー中の画像

気持いい。

 

健康な髪と頭皮を守る為に
大切なのがシャンプーです

 

シャンプーは様々な原料を組み合わせて
作られています。

 

その1つ1つが
「成分」
と呼ばれるものです。

 

 

シャンプーは薬事法により、
使われている成分を全部書く
というのが義務づけられています。

 

 

全ての成分が書かれています。

 

 

気になる方はシャンプーを買う時に
チェックしましょう。

 

 

シャンプーの成分表示は
含まれている成分の多い順番に
表示されています。

 

 

基本的には
水分が1番多く含まれています。

 

 

そしてその次に洗浄成分の
界面活性剤が表示されている
ことが多いです。

 

 

シャンプーの良い、悪いというのは
この界面活性剤が
左右することが多いんです。

 

 

ほとんどのシャンプーに
複数の界面活性剤が使われています。

 

 

より多く含まれているものに
注意してみましょう。

 

 

◎避けたい成分

・ラウリル硫酸Na
・ラウリル硫酸カリウム
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸TEA

これらの成分は
石油系合成界面活性剤の一つで
旧表示指定成分と言われます

 

 

旧表示指定成分とは
旧厚生労働省が定めた
「アレルギー」
「湿疹」
などの
皮膚刺激をおこす恐れのある
成分の事をいいます。

 

これらの成分は洗浄力が強く、
頭皮にとって必要な皮脂までとり、
乾燥や髪の傷み、
きしみの原因となってしまいます。

 

 

一般的に売られているシャンプーには
よく入っているのですが、
《ラウリル》と《ラウレス》
という成分は
頭皮にも身体にも良くないです

 

 

ただ身体に良くないと分かっていながら
一般的に売られているシャンプーや
ボディーソープにはいまだに高い確率で
《ラウリル硫酸Na》

《ラウレス硫酸Na》
は使われています。

 

 

なぜ良くないと分かっているのに
使われるのでしょうか?

 

 

その1番の理由は値段です

 

 

この2つの成分は
安価で大量生産に向いているので
安く作れるんですね。

 

 

だからテレビCMで流れている
シャンプーの多くは
主成分として使っています。

 

 

でもそんなにキシキシにも
バシバシにもならないよ?

 

と思いますよね。

 

 

使用感だけで「きしみ」や「傷み」が
分からないのは
何かしらの保湿成分と併用して
作られているからなんです。

 

 

洗い上がり感はよくても
頭皮や髪にダメージを与えていることに
変わりはないんですね。

 

 

理容室や美容室で
売られているシャンプーって
高いものが多いですね。理由は
石油系の界面活性剤を抑えて作ると
どうしても高くなってしまうんです

 

 

市販しているシャンプーの
5倍~10倍するものもありますね。

 

 

ただ高ければ良いシャンプーなのか?
というとそうではありません。

 

 

ものによっては
さほど質のよくないシャンプーが
高値で売られているときがあります

 

 

シャンプーは毎日使うものなので
健康な髪や頭皮を守る為に、
成分を調べるか
専門家に聞いて買う事をおススメします

 

 

あなたの健康な髪と頭皮を守るために
自分に合った本当に良いシャンプーを
使ってくださいね

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

 

 

京都市伏見区、カット、お顔そり、
育毛、増毛エクステのできる理容室

 

「ファミリーサロンセブン」

ホームページ
http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

 

間違ったシャンプーの仕方【京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブンです】

こんにちは

 

京都市伏見稲荷~東福寺、カット、お顔そり、育毛、増毛のできる理容室ファミリーサロンセブンです。

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

 

今日はシャンプーの仕方についてです

 

 

シャンプーの仕方

間違ってない?

 

◎あなたはこんな間違ったシャンプーしていませんか?

 

①熱い尾お湯で洗う

 

熱いお風呂やシャワーが好きという方も多いと思いますが、頭皮にとって40度以上の熱いお湯というのは軽いやけどのような状態になります。

 

それが炎症の原因にもなりますので頭を洗う時は37~39度ぐらいが適温です。

 

冬の寒い時などは少しぬるく感じるかもしれませんが、頭皮のためには熱すぎるお湯には注意しましょう。

 

 

②シャンプーの液を直接頭皮に塗る

 

シャンプーを直接頭皮にすりこむと、洗浄成分が毛穴の中に入ります。

 

それが毛穴に残ってしまうと毛穴が詰まったり、炎症をおこしてしまう場合があります。

 

シャンプーをする時はまず髪をしっかりと濡らして手でシャンプーをよく泡立たせてから頭皮を洗いましょう。

 

基本的には(特に男性用シャンプー)髪より頭皮を洗うものだと思ってください。

 

まず頭皮を洗い、そして髪を洗う。そして速やかに洗い流しましょう。

 

本当は無添加無香料のシャンプーが良いのですが、ドラッグストアなどで市販されているものはほとんど添加物や香料のような人間の皮膚に良くない成分が入っています。

 

硫酸系の成分など刺激の強い成分も多く含まれていますので、十分なお湯で水圧もやや高めにして頭全体をしっかりと流しましょう。

 

 

③爪を立てる

 

頭がかゆい時には爪を立ててゴシゴシ洗いたくなりますが、爪を立てると頭皮に傷がつき、爪の中の菌が傷口に入って炎症を起こすこともあります。

 

爪は立てずにこすりすぎず、指の腹で丁寧に頭皮を揉むように洗いましょう。

 

最後にシャンプーのすすぎ残しは、炎症やかゆみの原因にもなります。

 

しっかりとすすぐことで皮脂や汚れも落ち、炎症やかぶれも起きにくくなります。

 

頭皮を清潔に保つことが抜け毛予防にも繋がりますので、ぜひ意識してしっかりすすいでください

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ファミリーサロンセブン

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いいたします

 

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

友達追加後24時間ご予約できます♪

友だち追加

シャンプーとリンスとコンディショナーの違い

こんにちは

京都市伏見区~東山区メンズカット、

顔そり、育毛、増毛エクステができる理容室

「ファミリーサロンセブン」です

いつもブログをご覧になっていただき
ありがとうございます

 

 

今日はリンス、トリートメント、
コンディショナーの違いについて
お話していきます

 

あなたはシャンプーの後
に何を使っていますか?

 

リンス?

トリートメント?

コンディショナー?

 

どれも髪の毛をコーティングして
ケアするものですが、
どう違うか知っていますか?

 

それぞれの特性を説明していきますね。

 

リンスのつもりがシャンプーだった

そんなこともあるよね。

 

◎リンス

リンスは3つの中で
1番最初に開発されたヘアケア商品です

 

もともと英語で
「すすぐ」という意味です

 

リンスは日本独自の文化なんですね

 

その昔日本では「石鹸」で頭を洗い
「酢」で髪をすすいでいました

 

石鹸はアルカリ性ですが
髪の毛はアルカリ性になると
キューティクルが開きます

キューティクルが開きっぱなしだと
いけないから引き締めようという事で
リンス(酢リンス)をしていました。

 

それが、2回目のオイルショックで
石鹸を作れなくなり、
シャンプーが作られました。

 

その当時のシャンプーは
現在と比べると安全性など
問題がたくさんありました。

 

1回目のオイルショックの時は
シャンプーの成分に問題があり、
認可が下りなかったとも言われています

 

品質が良くないので
毛がバシバシになったみたいですね。
それを何とかしようと出てきたのが
今までの「酸リンス」ではなく
髪の毛のコンディションを
整えるためのもの「リンス」なんですね

 

リンスの役目は
髪の毛の表面を皮膜でコーティングし
指通りを良くし
キューティクルの傷みを防ぐ役目をします

◎コンディショナー

 

シャンプーの後の髪の毛の
コンディションを良くする(整える)
という目的で作られました。

 

傷みを防ぐ、汚れが付かないようにする
サラサラ、しっとりさせる、
などの効果があります。

やや粘土が高く髪の毛に吸着します。

 

最近では表面保護効果に加えて
髪の内部に浸透し、
傷みを内部から補修する
成分がはいったものもあります

 

◎トリートメント

トリートメントは
髪の内部に栄養成分を浸透させ、
紫外線や外気でダメージを受けた
髪の補修や髪の質感を調整します。

リンスやコンディショナーと違い
内部から髪を健康にする目的で
作られました。

 

近年はトリートメントより粘度の高い
ヘアパックというのもあります

 

分かりやすく説明すると
「リンス」と「コンディショナー」は
髪の毛の表面に保護膜を作って
外部からの刺激から守り、
しっとりさせたり、パサつきを抑えることを
目的としています。

髪の外側をコーティングという感じですね。

 

「トリートメント」は
髪の中に栄養成分を入れ
内側から健康にするという感じですね

 

なので順番から言うと
シャンプー⇒
トリートメント⇒
コンディショナー、リンス

となりますが、実際のところは
成分的な話で言うと
市販されているものは3つとも
さほど変わらない気がします

 

個人的には市販のものを家でするなら、
「シャンプー」と「トリートメント」
だけでいいんじゃないかと思ってます

 

もう1つ大事な事を言っておくと
リンスコンディショナーがコーティング、
内部補修がトリートメントなら
髪の毛がもし傷んでいたら
トリートメントをしたら
治るのか?という疑問ですね

 

トリートメントをすると
髪がサラサラになって
傷みがとれたような気になりますが
残念ながらトリートメントで
髪の毛の傷みを治すことはできません

 

理由は髪の毛が死んだ細胞だからです

 

トリートメントをすると
髪がサラサラになって
傷みがとれたような気になりますが
これは髪に不足した栄養分を補給して
表面をコーティングしたことによるもので、
実際に髪の内部の傷みが
治ったわけではありません

 

トリートメントは
「ケア」
するというイメージです

 

ただ「傷みにくいようにケアする」
という意味でこれ以上
悪化しないためにも
したほうが良いですね。

 

で、間違えてはいけないのは
自宅で使用するトリートメントと
理美容室のトリートメントは
全く違うという事です

 

よくお店で使うトリートメントは
カラーやパーマで傷まないように
予防するものであったり、
髪の毛傷んで抜けてしまった成分を
疑似的に補給して
お手入れしやすい髪にするのが目的です。

 

それなら理美容室で売っているのを
家で使えばいいのか?
ということになるんですが、
もちろん市販しているものと
比べると質が良いのでその方がいいです。

 

美容室で集中トリートメントなどを
したことがある方は分かると思いますが
工程が多いですよね。

それぞれの栄養を別々に浸透させたり。

 

カラーと同じで、
美容室で使っているカラー剤と
同じものを家で使ったとしても
同じようにキレイには染まらないですよね。

 

トリートメントも同じで
塗り方1つをとっても全然違います

 

だから違うんです。
分かっていただけましたか?

 

雑な説明ですいません

 

そんな感じで今日は
終わっていきたいと思います

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

京都市伏見区、カット、
お顔そりのできる理容室
「ファミリーサロンセブン」

 

ホームページ
http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせは
お電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

トリートメントの選び方【京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブン】です

京都市伏見区、東山区、メンズカット、お顔そり、
育毛、増毛エクステのできる理容室
「ファミリーサロンセブン」です

 

いつもブログをご覧になっていただき
ありがとうございます

 

昨日は
「シリコン自体は髪にとって
良くも悪くもない」
というお話でした

 

今日はその続き

 

トリートメントは?
ということについてです

 

基本的にはシャンプーの目的は
頭皮と髪を洗うもの。

 

そこにシリコンは必要ないけど、
安価な界面活性剤による
髪や頭皮への負担を減らすために
入れられている。

 

シリコン自体の働きは
髪をコーティングするものなんですね。

 

ではトリートメントに関しては
どうなんでしょうか?

 

 

考え方にもよると思いますが、
僕はその人の髪質によって
トリートメントを選んだ方が
良いと思います

 

 

シリコン入りのトリートメントが
髪の毛にどんな影響を与えるのか?

 

 

シリコン入りのトリートメントを使うと
髪に皮膜を作ります。
皮膜を作るとツヤが出て
サラサラとした指通りになります。

 

 

そして髪の毛が皮膜で少し重くなる分
落ち着くという効果があります

 

 

あとは皮膜によって
パーマ液やカラー剤が 少しだけ浸透しにくくなります

 

そしてシリコンは髪のキューティクルを
保護する効果が期待できます

 

しかもシリコンは熱に強いので
ドライヤーの熱から
髪を守ってくれる効果もあるんですね

 

つまり、
たとえカラー剤やパーマ液が
浸透しにくくても、
髪の落ち着きやツヤ感、
サラサラした指通りにしたいという人は
シリコン入りのトリートメントが
いいと思います

 

 

逆に髪の毛が細くて
ボリュームを出したい人は、
シリコンが入っていない
トリートメントの方がおススメです。

 

 

シリコンの皮膜がなくなるので
髪が軽くなり、根元から
フワッと立ち上がりやすくなるので
ボリュームも出やすくなります。
というような理由で
それぞれの毛質にあった
トリートメントを
選ばれるのがいいと思います

 

 

◎トリートメントを買う時に
気をつけなければいけない事

 

 

だいたいシャンプーとトリートメントは
同じシリーズがセットで作られてます
そこにシャンプーは
「ノンシリコン」
として売っているのですが、
シャンプーは「ノンシリコン」だけど
トリートメント
にはたっぷり「シリコン」が入っている
というものがかなりたくさんあるんです。

 

 

だから髪の毛にボリュームが欲しくて
ノンシリコンのシャンプーと
トリートメントが欲しいなら
成分を調べて買うことをおススメします

 

 

昨日も書きましたが
もう1度シリコンの成分を
書いときますね

 

 

シャンプーやトリートメントには
必ず入っている成分を
全て書くというルールがあります

 

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シロキ
・シリカ
・メチコン

という言葉がつく成分が含まれないものはノンシリコンです

 

あと注意することは

 

基本的な事ですが
シャンプーとトリートメントの
役割の違いです

 

シャンプーというのは
頭皮と髪を洗うものです

 

だからまずてのひらでしっかり
泡立ててから頭皮を
マッサージするように洗う。

 

そして髪の毛も洗う。

 

 

トリートメントの1番の目的は
「髪の毛に水分と油分を補って
髪を内部から補修すること」です。

 

毛髪の水分量の理想は12~13%
トリートメントの油分で
コーティングして、
ドライヤーの熱などからの乾燥を防ぎ
同時に枝毛・切れ毛も防ぎます。

 

 

トリートメントは
正しい使い方をして
初めて効果を得られます

 

 

トリートメントの正しい使い方を
紹介しますね

 

◎トリートメントのつけ方

 

まずはシャンプーを
しっかり洗い流します

 

シャンプーが残っていると
頭皮トラブルの元になります。
頭皮のためにしっかりすすいで
流しましょう

 

シャンプーを洗い流したら
トリートメントを
しっかり浸透させるために
水気をよく切りましょう。
水気が多すぎるとトリートメントが
浸透しにくくなります。

 

 

しっかりと水気を切ったら
頭皮につかないように、
髪の中間から毛先に向かって
トリートメントをつけていきましょう。

 

 

トリートメントを浸透させるために
3~5分ほど置きます。

 

 

すぐに流さずに時間を置くことで
トリートメントの効果を
高めます。

 

髪の毛が傷んだり
乾燥してパサパサしている時など、
トリートメントをさらに
浸透させたい場合は
トリートメントを塗った後、
キャップやタオルなどをかぶると
保湿効果が高まり、
より浸透しやすくなります。

 

 

◎トリートメントの間違った付け方

 

トリートメントは
頭皮につけるものではありません。

 

トリートメントの目的は
髪の毛に水分と油分を補って
髪を内部から補修することです。

 

そのため髪の毛につけて
効果を得ることができるように
油分が多く含まれています。

 

 

頭皮につけると毛穴の詰まりなどの
トラブルの原因にもなります。

 

 

トリートメントを必要以上に
多くつけても効果は高まりません。
浸透する量は同じです。

 

つけすぎると
頭皮についてしまう可能性も
多くなるので適量にしましょう。

 

基本的に男性の短髪の方は
トリートメントは
必要ない場合が多いです。

 

ブリーチなどでよほど傷んでる場合や
乾燥が気になる場合は表面だけにつけて
特に傷んでるところは
毛先を揉みこむようにつけましょう。

 

 

◎洗い流さないトリートメント

 

 

右が洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメント

右はおススメ洗い流さないトリートメント

 

シャンプー後にトリートメントをしても
髪が思うようにまとまらなかったり
トリートメントの効果を
感じられないあなたには
洗い流さないトリートメントを
おススメします。

 

 

洗い流さないトリートメントは
タオルドライをした後、
ドライヤーで乾かす前につけます。

 

 

そうすると髪がしっとりして
落ち着くようになります。

 

 

つけ方は中間から毛先に
サッとなじませるだけでOKです。

 

 

洗い流さないトリートメントは
クリーム、オイル、液体など
様々なものがあります。

 

 

商品により多少使い方が
違う事もあるので自分に合うものを
いろいろ試してみてもいいでしょうね。

 

 

◎今日の話のまとめ

 

・ノンシリコンシャンプーを
うたっているがトリートメントには
シリコンがたっぷり入っている
商品もたくさんある。

 

・シリコンが入っているシャンプー、
トリートメントは
容器の裏の成分一覧に
ジメチコン、シクロメチコン、
シロキ、シリカ、メチコンという
言葉がつく成分を使っている

 

・シリコンの特性で髪にツヤを出し
サラサラとした指通りを求めたり
髪を落ち着かせたい人は
シリコン入りのトリートメント、
髪の毛が細い、柔らかい人で
根元からボリュームを出したい人は
ノンシリコンのトリートメントと
使い分けると良い

 

・トリートメントをしていても
痛みが気になる場合は
洗い流さないトリートメントも
付けてみる

 

いかがだったでしょうか。

 

長期的にシャンプーもトリートメントも
自分の毛質にあったものを
使用することが、
健康な髪の毛や頭皮を維持することに
繋がります

 

 

今日紹介したのは
お家でのケアのしかたですが
あくまで家庭でできる範囲と
いうことです。

 

 

本当に傷みやパサつきが気になる方は、
美容室、理容室でする
集中トリートメントが
1番効果があります。

 

 

お店でするケア+お家でのケア
でいつまでもキレイな髪を守りましょう

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

 

 

京都市伏見区、東山区、
カット、顔そり、育毛、
増毛エクステのできる理容室
「ファミリーサロンセブン」

ホームページ
http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話、ライン@ででお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

友だち追加

ノンシリコンシャンプーが良いと信じているあなたへ、それホント?【京都市伏見区、理容室ファミリーサロンセブン】

シャンプーされている犬

京都市伏見区~東山区の理容室
「ファミリーサロンセブン」です

 

いつもブログをご覧になっていただき
ありがとうございます

 

今日もシャンプーについてです

 

 

シャンプーされている犬

ノンシリコンだワン

ノンシリコンシャンプーって
聞いたことありますか?

 

何年か前から良く
耳にするんじないでしょうか?

 

ノンシリコンって
髪に良いイメージないですか?
そしてシリコンはよくない。
みたいな感じで思われている方も
多いと思います

 

でもそれって本当なん?
というお話です

 

そもそもシリコンとはなんでしょうか?

 

シリコンといえば
オッパイに入れるイメージないですか?

 

僕だけですか  笑?

 

シャンプーで使われるシリコンは
豊胸で使うシリコンとは違います

 

シリコンというのは
作り方によって
オイルのように使われたり、
ゴムのように使われたり、
様々な用途に使われています

 

シャンプーに入っているシリコンは、
化粧品にもよく使われるタイプで、
髪の毛を洗う時に
指の通りをよくするものなんですね

 

そしてシリコンは
コーティング剤の一種で

髪に皮膜を作る性質があります。

 

 

 

ここで考えてみてください

 

 

◎シャンプーって何のためにするのか?

シャンプーの目的は
頭皮と髪の汚れを落とすのが
1番大切な役割なんですね。

 

そこにシリコンという
コーティング剤を入れたら
頭皮や髪に良くないんじゃないか?

 

という発想で
ノンシリコンシャンプーが良いと
言われているんですね

 

でもなぜコーティング剤を
シャンプーに入れるのか?ってことです

 

頭皮を洗浄するのに
シリコンが邪魔しそうな感じもしますね

 

確かに洗浄する事だけを考えれば
シリコンは
シャンプーに必要のない成分です

 

シリコンをシャンプーに
入れなければいけない理由は
洗浄成分にあります

 

⇒こちらにも詳しく書いてますが

 

洗浄成分(界面活性剤)には

・高級アルコール系
・せっけん系
・アミノ酸系・
・ベタイン系

などたくさんの種類があります。

 

 

これらの界面活性剤を
用途によりいろいろ組み合わせて
使用します。

 

その中でも高級アルコール系の
ラウレス硫酸は
少量でも泡立ちがよく、
とにかく安価で作れるので
低価格のシャンプーには
大量に配合されるんです

 

 

硫酸と言っても
劇薬をそのままかぶる
というわけではないので
安心してください

 

 

でも硫酸というだけあって
洗浄力は強く、
頭皮や髪の汚れは落ちるけど
洗浄力が強すぎたり、
髪の毛が絡みやすくなったり、
ギシギシになったり、
使用感が悪かったりという問題があります。

 

 

ラウレス硫酸の洗浄成分が強すぎて
ギシギシになってしまうから
シリコンを入れて指通りを良くしたり
使用感をよくしたりするんですね

 

 

実はシリコン自体は

とても安全性は高いんです

 

だからシリコンは
髪にとって良くないのかと言われれば

 

「良くもないし悪くもない」

 

ということです

 

 

よく
「シリコンが毛穴に詰まる」
「頭皮によくない」
という話も聞きますが
そんなことはないです

 

 

シャンプーは基本的には洗い流しますし
頭皮もターンオーバー

(表皮の新陳代謝)
ではがれていくので。

 

 

髪の毛や頭皮に
良くも悪くもないけれど
使わなければいけないのは
洗浄成分(界面活性剤)
に問題があるからなんですね

 

 

だから値段は上がりますが
アミノ酸系やベタイン系などの
マイルドな洗浄成分(界面活性剤)
を中心に作れば十分洗浄力があり
指通りのよいシャンプーは作れます

 

 

ノンシリコンシャンプーが
良い悪いではなく
洗浄成分に何を使うか?
というところが問題なんですね

 

 

そしてシリコンを悪者にして
ノンシリコンをより良いものに
見せるという売り方、
販売戦略はとてもうまいですね

 

 

「シリコン」という単語も覚えやすく
インパクトが強いからなんでしょうね。

 

 

一応自分のシャンプーに
シリコンが入っているかどうか
気になる方へ成分を書いておきますね

 

 

シャンプーには必ず入っている成分を
全て書くというルールがあります

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シロキ
・シリカ
・メチコン

という言葉がつく成分が入っているのは全てシリコンシャンプーです

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

シャンプーを選ぶ時の
参考になればと思います

 

あ、

 

ちょっと長くなるので
今日は書きませんでしたが
トリートメントに関していうと
これちょっと違ってくるんですね

 

 

トリートメントは毛質によって
シリコン入りを使った方が
良い場合もあると考えてます

 

 

男性は
トリートメントを使う必要のない人も
多いですが、毛の長い人は
トリートメントをした方がいいですし、
その際の選び方もありますので
それはまた明日。

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

 

 

京都市伏見区、カット、お顔そり、
育毛、増毛エクステのできる理容室
「ファミリーサロンセブン」

 

ホームページ
http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

 

電話番号

カット受付AM8:30からPM7:00
カラー受付AM8:30~PM5:30

 

友達追加後、ご予約下さい

友だち追加

頭皮に良くない洗い方4つ【京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブン】

シャンプーの昔風の新聞記事

おはようございます

 

京都市伏見稲荷~東福寺、カット、お顔そり、育毛、増毛のできる理容室ファミリーサロンセブンです

 

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます

 

今日はシャンプーの仕方についてです

 

◎あなたはこんな間違ったシャンプーの仕方じゃないですか?

 

 

シャンプーの昔風の新聞記事

昭和だな。

 

お湯の温度

 

①熱いお湯で洗う

 

これからの季節は特に寒くなってくるので、熱いお風呂やシャワーがいいという方も多いと思います。

 

しかし、頭皮にとっては40度以上の熱いお湯というのは、軽いやけどのような状態になるのであまりよくありません。

 

熱いお湯による頭皮への負担が、炎症の原因にもなりますので頭を洗う時は37~39度ぐらいが適温です。

 

冬の寒い時などは少しぬるく感じるかもしれませんが、頭皮のためには熱すぎるお湯には注意しましょう。

 

 

シャンプー塗布の仕方

 

②シャンプーの液を直接頭皮に塗る

 

シャンプーを直接頭皮にすりこむと、洗浄成分が毛穴の中に入ります。

 

それが毛穴に残ってしまうと毛穴が詰まったり、炎症をおこしてしまう場合があります。

 

シャンプーをする時はまず髪をしっかりと濡らして、手でシャンプーをよく泡立たせてから頭皮を洗いましょう。

 

基本的には(特に男性用シャンプー)髪より頭皮を洗うものだと思ってください。

 

まず頭皮を洗い、そして髪を洗う。そして速やかに洗い流しましょう。

 

本当は無添加無香料の頭皮や髪に優しいシャンプーが良いのですが、ドラッグストアなどで市販されているものは、ほとんど添加物や香料のような人間の皮膚に良くない成分が入っています。

 

安価なシャンプーには、頭皮に良くない硫酸系の成分なども多く含まれていることが多いので、十分なお湯で水圧もやや高めにして頭全体をしっかりと流しましょう

 洗い方

 

③爪を立てる

 

頭がかゆい時には爪を立ててゴシゴシ洗いたくなりますが、爪を立てると頭皮に傷がつき、爪の中の菌が傷口に入って炎症を起こすこともあります。

 

爪は立てずにこすりすぎず、指の腹で丁寧に頭皮を揉むように洗いましょう。

 

 

すすぎ方

 

④最後にシャンプーのすすぎ残しは、炎症やかゆみの原因にもなります。

 

しっかりとすすぐことで皮脂や汚れも落ち、炎症やかぶれも起きにくくなります。

 

頭皮を清潔に保つことが抜け毛予防にも繋がりますので、ぜひ意識してしっかりすすいでください

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

京都市東山区カット、顔そり、育毛、増毛エクステのできる理容室「ファミリーサロンセブン」

 

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

 

電話番号

カット受付AM8:30からPM7:00
カラー受付AM8:30~PM5:30

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

オーガニックシャンプーが好きなあなたへ。それって…

オーガニック食品を作る畑

京都市伏見区、カット、お顔そり、育毛、増毛エクステのできる理容室

「ファミリーサロンセブン」です。

 

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。

 

今日は「オーガニック」「無添加」についてお話していきたいと思います。

 

最近は食品を始め、シャンプーだけでなく様々な商品に「無添加」や「オーガニック」という言葉が使われますね。

 

無添加やオーガニックと言われると、何となく身体に良さそうなイメージがありませんか?

 

本当にそうなんでしょうか?

 

そもそもオーガニックとはなんでしょうか?

 

◎オーガニックってどういう意味?

 

 

オーガニックフードを作る畑

農薬は入れないで。

 

オーガニックは「有機栽培」という意味です

 

化学合成農薬、肥料を使わず、有機肥料などで土壌の持つ力をいかして栽培する農法の事です。

 

オーガニックの定義

・農薬を使用しない

・化学肥料は使用しない

・肥料を使用する場合は有機肥料のみ使用する

 

こういう決まりがあるんですね

 

そして上記のものとは別に、国際基準の資格を持つ第三機関に認証されて、初めて本物のオーガニックとして認められます

 

そして市場流通が可能となるんですね。

 

オーガニックの認証を受ける主な基準は、認証機関により基準が多少異なりますが、下記の通りです

 

・3年間農薬や化学肥料を使用していない土地で栽培した

・化学合成農薬、肥料は原則として使用していない

・有機肥料であっても化学薬品や重金属を含んでないものを使用する

・遺伝子組み換え原材料使わない

・放射線照射はしない

・合成添加物の使用を制限

・栽培によって環境破壊をしない

 

などがあります

 

日本では法律によって、有機農産物がかなり厳密に定義されているので、それをクリアして登録認証機関の認証を得れます。

 

そして初めて「有機」や「オーガニック」と表示できるようになるんですね。

 

認証された農産物は、オーガニックJASマークがつけられます

 

これがあることにより、農産物がオーガニックなのかどうかをすぐに見分けることができます。

 

オーガニックJASマークがついている農産物は、登録認証機関の認定を受けた農家が作っているという事になります。

 

なかなか厳しい審査があるんですね。

 

それなら口に入れても安全な気がしますね

 

ではシャンプーはどうでしょうか?

 

 

◎オーガニックシャンプーも認証がある?

 

 

上記の理由から「オーガニックシャンプー」も厳しい審査があって、有機栽培された原料だけを使っていそうな感じもしますね。

 

日本では「オーガニック」に対しての厳密な定義がありますが、実は

 

「無添加シャンプー」や

 

「オーガニックシャンプー」には

 

これといった厳密な基準がありません。

 

どういう事かというとシャンプーの中にオーガニック成分が1滴でも入っているだけで「オーガニックシャンプー」表示してもいいことになっています。

 

例えば、あまりよくないといわれている高級アルコール系の界面活性剤を、たっぷり使っているシャンプーがあったとします。

 

それに有機栽培のハーブがたったの1滴入っているだけで「オーガニックシャンプー」とうたってもよくなってしまうんです。

 

実際のシャンプーには洗浄効果、泡立ち、防腐効果なども必要になってくるので、天然の成分だけで作るのは難しいようです。

 

それでも「オーガニックシャンプー」というぐらいですから、洗浄成分も天然系のマイルドなものにこだわっていると思いますよね。

 

でも実際は「オーガニックシャンプー」という名前なのに、実際はオーガニックな成分がほんの少しだけ配合されている普通のシャンプーというのがかなり数多くあります。

 

だから「無添加シャンプー」「天然成分配合〇〇シャンプー」「植物由来の〇〇シャンプー」と書いてあったりテレビCMで宣伝していてもそれが頭皮や髪に優しいかと言えば、何の根拠もないんですね

 

そういう理由でシャンプーの成分を見る時はオーガニック成分よりも洗浄成分、泡を立てる成分、防腐成分に何が使われているかを気にされたほうがいいと思います。

 

 

オーガニック(有機栽培)食品は日本でも何年か前から外国産の野菜の農薬問題や、国内でも産地偽装問題などがあったので、興味を持つ人が少しずつは増えてきたように思います

 

ただ、値段の高さやなじみのなさから、まだまだ認知度は低いようです

 

オーガニックと言えばヨーロッパのイメージがある人も多いかもしれませんね。

 

確かにヨーロッパは「オーガニック」の本場だと言われています。

 

でもシャンプーに関していうと、ヨーロッパのオーガニックシャンプーが安心かというと、一概にそうは言えません

 

海外でもその国によってオーガニックの基準が違いますし、日本人の肌に合うのかどうかも使ってみないと分かりません。

 

女性は特に「オーガニック」という言葉に魅力を感じる方多いですが、口に入れるものであったり、シャンプーなどは、直接身体に何かしらの影響を与えるので、使用する前にちょっとチェックしてみるのもいいかもしれませんね

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

仕事帰りに行ける夜間育毛コース

https://ikumouseven.jimdo.com/

 

ご予約、お問い合わせはお電話でお願いします

電話番号

カット受付AM8:30~PM7:00 カラーパーマ受付はAM8:30~PM5:30

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。