髪と生活習慣

【胸毛やヒゲなどが濃い人がハゲやすい理由】京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブンです

体毛が濃い

こんばんは

 

 

京都市伏見区の理容室「ファミリーサロンセブン」です

 

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

 

 

 

今日は胸毛やヒゲ、すね毛など体毛が濃い人や毛深い人がハゲやすい原因についてです。

 

 

本当に体毛の濃い人は薄毛になりやすいんでしょうか?

 

 

体毛が濃い

ちょっと濃いめ。

 

 

 

そう言われる原因とは?

 

 

薄毛や抜け毛、ハゲと体毛の濃さの関係性について書いていきたいと思います

 

一般的に体毛は濃いけど髪の毛が薄いのはイヤな人が多いと思います 。

 

 

〇体毛の濃さとハゲの関係

 

胸毛やヒゲなど体毛が濃い人は将来ハゲやすいってよく言われます。

 

 

それって本当?って気になる方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

実際のところは確かに確率でいうと薄毛になる確率は高いです
しかし、すべての人がそうなってしまうかというとそんなことはありません
ただ体毛の濃い人は、男性型脱毛症(AGA)の症状が出てくる可能性が高いのです
⇒AGAって何?

 

 

〇体毛が毛深くなる原因

 

 

AGA(男性型脱毛症)になる原因というのは男性ホルモンが関係しています。

 

 

体毛が濃い人や毛深い人というのは男性ホルモンの分泌量が多いんですね。

 

 

男性ホルモンというのは

 

・筋肉を強くする

・骨を強くする

・体毛を作る

 

という働きがあります。

 

 

そして男性ホルモンというのは男性だけにあるものではありません

 

 

女性にもあるんですね。

 

 

ホルモン量

ホルモンの量。

 

 

でも女性の場合は女性ホルモンの分泌量が多いので男性ホルモンの分泌量が少ないんです。

 

 

 

そして男性にも女性ホルモンはありますが、女性ホルモンより男性ホルモンの分泌量が多いんです。

 

 

この男性ホルモンの分泌量が多いことによって胸毛やヒゲやすね毛などの体毛が濃くなるんですね。

 

 

 

体毛が濃くなる原因は男性ホルモンの分泌量が多くなるから。

 

 

 

ということです。

 

 

 

そこで最初に書いたように体毛が濃い人は将来ハゲやすい理由は、AGAの原因を作り出す男性ホルモンの分泌量が多いからという事になります。

 

 

 

AGAというのは男性ホルモンと5-αリダクターという酵素がくっつき、より強力なジヒドロテストロン(DHT)というホルモンを作り出してしまいます。

 

 

それが髪の毛を作り出している毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターとくっつきます。

 

 

ジヒドロテストロンとアンドロゲンレセプターがくっつくと脱毛因子と言われる「TGF-β」ができてしまいヘアサイクルを短くしてしまい髪の毛が少なくなっていくんです。

 

⇒ヘアサイクルとは?

 

 

そういう理由で男性ホルモンの分泌量が多いだけで薄毛になるというわけではありません。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す「5-αリダクター」が多いと男性ホルモンとくっついてしまう可能性が高くなり、将来薄毛になりやすくなってしまいます。

 

 

 

〇予防、対策が大事

 

体毛が濃い人は男性ホルモンの分泌量が多いので5-αリダクターゼとくっつき、DHTを作り出してしまう
可能性が高くなり男性型脱毛症(AGA)を引き起こしてしまいやすいっていうことはわかってもらえましたか?

 

 

そして前頭部が薄くなったり、頭のてっぺんが薄くなってしまったりします。

 

 

 

そうならないように、少しでも薄くなるのを遅らせれるようにしたり、予防したりするのが大切になってきます。

 

 

〇男性ホルモンの過剰分泌を抑える

 

どうやって予防して抑えるのか?

 

 

男性ホルモンの過剰分泌を抑えるには毎日の生活習慣が大事です。

 

・睡眠をしっかり摂る

・ストレスをためすぎない

・脂っこい食べ物を食べすぎない

・タバコを吸わない

・定期的に適度な運動をする

 

などが自分でできる予防法です

 

 

以上の事だけでも男性ホルモンが過剰分泌するのを抑えていくことができます。

 

そしてそれだけでなく、5-αリダクターゼの分泌も抑えていく必要があります。

 

 

この5-αリダクターゼの分泌量というのは遺伝によるものが大きいのですが、

 

・イソフラボンや亜鉛などを含む食べ物を食べる。

・育毛剤に入っている成分

・AGAクリニックに通う

 

などで抑えていくこともできます

 

規則正しい生活、食事、育毛剤、など自分でできるケアをするのも大切です。

 

 

ご自分でできるケアをし、健康な頭皮と髪を守りましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ファミリーサロンセブン

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

 

ご予約、お問い合わせはお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

 

ライン@友達追加後24時間ご予約できます

友だち追加

 

 

【育毛シリーズ】睡眠不足は薄毛の原因になる?

睡眠

こんにちは

 

京都市伏見区にあるメンズカット、顔そりのできる理容室ファミリーサロンセブンです

 

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます。

 

今回は髪と睡眠についてです

 

睡眠

睡眠。

◎髪の毛と睡眠の関係

 

髪や頭皮と睡眠、食事などの生活習慣などは密接に関係しています

特に慢性的な睡眠不足は薄毛の原因になります。

髪の毛は様々な要素でダメージを受けます。

太陽からの紫外線、ワックスやジェルなどの整髪料、排気ガス、ほこり、帽子やヘルメットをかぶることによる蒸れや必要以上に引っ張る事など。

それらの髪のダメージは寝ている間に回復するので睡眠というのは髪の毛にとってとても重要な時間です。

本来必要な睡眠時間は1日7~8時間ですが忙しくてそんなに寝ていられないというあなたは最低6時間はしっかりと寝ましょう。

 

◎髪のために睡眠が大切な理由

 

髪の毛以外も含め人間は睡眠によって体を休め、次の日活動するためのエネルギーを充電します。睡眠不足が続くとエネルギーの充電ができなくなり前日の疲れやダメージが残ったままになってしまいます。

睡眠が不足することで頭皮や髪の毛に使えるエネルギーがどんどん減り、それが続くと修復力が次第に弱くなります。

人間の体には生命を維持するための臓器がたくさんあります。心臓をはじめ生命維持に関わる臓器にエネルギーは優先的に使われます。

頭皮や髪の毛というのは、生命を維持するという観点でいくと重要な部分ではないんですね。

だからエネルギーの供給を必要とする臓器に優先的に使われ、生命に関わらない頭皮は後回しになります。

眠りが足りないと、頭皮への栄養を配給する順位は低くなるので、髪の毛は抜けやすくなります。

髪の毛の成長には成長ホルモンの働きが大切になります。

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは人間が生きていくうえで欠かせない三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質の働きを促進させるホルモンです。

アミノ酸の吸収効率を上げて、タンパク質の合成を高める作用もあります。

髪の毛の80%から90%はタンパク質出来ています。

そのタンパク質の合成を高める成長ホルモンの分泌は髪の毛を成長させるのに不可欠です。コシ、ツヤ、ハリのある健康で強い髪の毛を作るためにはできるだけ多くの成長ホルモンを分泌させる必要があります。

 

◎何時に寝ればいいのか?

 

成長ホルモンの分泌は副交感神経が働くことによるものですが、その副交感神経は22時~2時の時間帯が1番活発に機能します。

夜10時~深夜2時の間は頭皮や髪の毛が回復しやすい時間帯なんですね。(一般的に言われるゴールデンタイム)

髪の毛や頭皮の事を考えるとこの時間は眠りについているのが理想です。髪の毛や頭皮だけでなく、体全体を回復させるのにもとても大切な時間帯であり、体内において成長ホルモンがたくさん分泌されるので体力の回復、髪の毛の成長にもつながります。

睡眠時間が深夜0時~7時、別の日は深夜3時から午前10時と、日によってばらつきがあるのもあまり良くありません。

人間の体というのは無意識のうちに生活習慣、生活サイクルを記憶します。毎日夜10時~朝5時は睡眠をとるというのを続けていれば、眠っている間に自然に副交感神経もその習慣を記憶します。

 

そしてその7時間は活発に活動するようになります。それに伴って成長ホルモンもたくさん分泌することが出来るようになります。

逆に睡眠サイクルがバラバラだと、睡眠時間が足りていても副交感神経が活発に活動しないので成長ホルモンの分泌が不十分になります。

 

できるだけ規則正しい睡眠の習慣をつけることで髪や頭皮を健康な状態に保ちましょう♪

 

今日の話のまとめ

・夜は睡眠時間を7~8時間しっかりとる。(最低6時間)
・同じ時間に寝て同じ時間に起きる(規則正しい生活を心がける)
・夜10時から2時まではできるだけ寝るようにする

 

睡眠習慣を改めることで体質改善し、頭皮環境を良くすることで健康な頭皮、髪の毛を取り戻しましょう♪

 

 

 

ファミリーサロンセブン

カット、顔そり専門 京都市東山区 伏見区

 

お問い合せ、ご予約はお電話かライン@でお願いします

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

 

ライン@友達登録後24時間ご予約できます

友だち追加

姿勢が悪いとハゲる!?【髪を増やす京都市伏見区の理容室】

姿勢が悪い

こんにちは

京都伏見稲荷~東福寺メンズカット、お顔そり、育毛、増毛のできる理容室「ファミリーサロンセブン」です

いつもブログをご覧になっていただき本当にありがとうございます

今日は「姿勢が悪いとハゲるのか?」というお話です。

 

 

姿勢が悪い

ハゲたくない。

 

そんな話聞いたことないという方も多いかもしれないですね

 

でも姿勢とハゲは関係ないことはないんです

 

姿勢が悪い状態というのは体全体のバランスを崩し、健康的にも良くない状態です。

 

人間の体というのは、真っ直ぐな部分と適度に湾曲している部分があって、それが最適な状態にあることでバランスがとれています。

 

それが癖や職業によって無理な姿勢を長時間続けたり、体や骨に負担のかかる姿勢を続けることによってバランスが崩れ、凝りや痛みが出てきます。

 

普段パソコンなどで前かがみの姿勢が多かったり、常に下を向いていると猫背になりやすかったりしますね。

 

姿勢が悪い状態と言うのは髪の毛の成長にも悪い影響を与えるので要注意です。

 

◎髪の毛の成長と姿勢はどう関係しているのか?

 

 

姿勢で1番注意したいのが「首」のバランスが悪くなることです

 

首の骨は正面を向いているときには少しS字に湾曲しています

 

これが常に下を向いていたり猫背になっている状態が続くと、骨が伸びたような状態になります

「ストレートネック」

という状態ですね。

ストレートネックになると首の周りの筋肉が常に緊張状態になり血流が悪くなります。

「首が凝る」というのは血流に問題があるからです

そして血流の悪化は首だけでなく頭部に必要とされる血液も流れにくくします

頭痛や耳鳴りなども血流の悪化が原因になっていることもあります。

髪の毛も血液が運んできた栄養によって成長しています。

血流が悪くなり髪の毛に運ばれる栄養が足りなくなると、髪の毛は成長しにくくなります

人間の体というのは脳や内臓を初め、生命を維持するのに必要な部位に優先的に栄養を送るようにできています。

髪の毛は直接生命を維持する部位ではないので、後回しになります

なので慢性的に血流が滞るという状態が続くと、栄養が届かず、髪の毛が細くなったり薄毛になったりするんです。

なぜ首の姿勢について書くかと言えば、今の時代は首に負担がかかる姿勢になりやすいからです。

1番分かりやすいのがパソコン。

パソコンデスクで長時間作業すると、首の位置が固定されて血流が悪くなります。

肩や首が凝ったり、無理な姿勢だと分かっていてもそのまま作業を続ける方も多いんじゃないでしょうか

スマートフォンもそうですね。

スマートフォンも手に持って下を向いて画面を見ますよね。首が下を向いた状態で画面を見続けると、ストレートネックになりやすいです

 

 

◎首の姿勢を正しくするにはどうしたらいいのか?

 

姿勢と言うのは、長年の悪い癖や無理が蓄積されて悪くなるのですぐに良くなるものではありません。

大切なことは

・姿勢を良くするように意識する事。

・定期的にメンテナンスをすること

・運動する事。

猫背やストレートネックが悪化していると自分では治せません

 

病院に行きお医者さんに対処法を教えてもらいましょう。

今日の話をまとめると、姿勢が悪いと血流が悪くなり、頭に血が回らなくなる。

そして血液によって運ばれる栄養が姿勢が悪いことにより髪の毛に届きにくくなり、髪が細くなり薄毛になるということです。

普段からの姿勢に気を付けることが髪の毛に良い影響を与えるんですね

できるだけ良い姿勢、定期的なメンテナンス、運動を心がけて髪の毛をまもりましょう♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

ホームページはこちらです

http://seven-7.jp

 

お問い合わせ、ご予約はお電話かライン@でお願いします。

電話番号

カット受付8:30~19:00
カラー受付8:30~17:30

 

ライン@友達追加後24時間ごよやくできます

友だち追加

カット、顔そり、育毛、増毛専門 京都市東山区、伏見区

帽子をかぶるとハゲる説は本当か?検証してみた【京都市伏見区の理容室ファミリーサロンセブン】

ネズミの形をした帽子をかぶるネコ

 

 

こんにちは

 

京都市伏見区の理容室「ファミリーサロンセブン」です。

 

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます

 

 

今日は「帽子をかぶってるとハゲる説は本当なのか?」というお話です。

 

 

 

ネズミの形をした帽子をかぶるネコ

ちょっと苦しいニャー。

 

 

「帽子やヘルメットをかぶり続けているとハゲるで~」というのを聞いたことないですか?

 

調べているとかなり昔から言われているようですね

 

でもそれって本当なんでしょうか?

 

結論からいうと

 

「帽子のかぶり方によって変わるので、本当でもあるし間違いでもある」

 

ということです

 

これは帽子と薄毛の関係を知らないと、髪の毛や頭皮トラブルを起こしてしまうということです

 

 

まず帽子について説明していきますね

 

今の時代はファッション的な意味合いが強いようですが

 

◎帽子はなぜかぶるのか?

 

・制服やユニフォームの一部として

・宗教上の決まり

・ファッション的に

・太陽光の紫外線防止

・日焼け防止

・温度が上がるのを防ぎ熱中症などを予防する

・防寒

・衝撃、落下物、危険物からの頭部保護

・調理や精密機器に関係する作業時に抜け毛が落ちないようにする

・薄毛や寝ぐせを隠す

 

などでしょうか

 

◎帽子に関するエチケット

 

帽子に関するエチケットとはなんでしょうか?

 

簡単に説明すると屋外でかぶり屋内では脱ぐ。

 

これは軍隊のなごりでもあり、入隊教育の中で新兵は帽子の取り扱いについて最初に教えられたそうです。

 

日本軍では戦闘中でなければ、屋内だけでなく艦船の中でも脱がなくてはならなかったんですね

 

お葬式や国歌斉唱、食事などは帽子を脱ぐのもエチケットですね

 

男性の挨拶としては、脱がなくても帽子に手を当て軽く前に傾ける、メジャーリーガーの「イチロー」選手がするような一瞬だけ持ち上げ掲げるという方法もあります。

 

女性の場合は帽子は正装の一部となっているので、こういった挨拶をする必要はないです。

 

キリスト教の教会では男性は帽子を取ることを求められますが、女性は帽子取らないのがエチケットになっています

 

その他にもいろいろありますが、あまり関係のない話なので、このぐらいにしておきます

 

結局帽子をかぶるとハゲるのかどうかということなんですが、帽子というのはファッション的な意味合いを除けば、本来頭を守るためにかぶるものです

 

そして太陽の直射日光や外的要因から頭を保護しています

 

 

では帽子をかぶるデメリットを説明していきますね

 

 

◎帽子が髪や頭皮に良くない理由

 

帽子をかぶることで、汗をかいた時などは熱がこもり蒸れやすくなったり、そのままかぶりつづけることにより、雑菌が繁殖したりすることもあります。

 

頭皮には常在菌である「マラセチア菌」という菌が潜んでいます

 

この「マラセチア菌」は髪の毛の根元に付着する「皮脂」や、湿気の多いところを好み繁殖します。

 

そしてニキビや吹き出物、フケの原因となります。

 

あとは帽子の脱着時に髪を引っ張ってしまう事で抜け毛が増えたり、きつすぎる帽子は血行を悪くするという説もあります。

 

 

◎帽子をかぶった方が良い理由

 

 

帽子は、太陽の熱から頭の温度が上がりすぎるのを防ぐと共に、紫外線から頭皮を守る役割もあります。

 

あるメーカーが夏の炎天下で帽子を、「かぶる人」と「かぶらない人」で実験をしました。

 

その結果、頭の温度は10度以上も差が出たそうです

 

そう考えると熱中症を防ぐだけでなく、必要以上の発汗を防ぎ、頭皮だけでなく身体全体を守る働きをしてくれます

 

また、帽子は紫外線からも頭皮を守ります。頭皮は紫外線の影響を受けやすく帽子をかぶらないと直接頭皮に紫外線が降り注ぎます

 

特に髪が薄くなっている人や、短い人は紫外線が直接頭皮にあたり日焼けをしてしまったり、それがひどくなるとただれてしまったり、頭皮トラブルの元にもなります。

 

そういう理由で特に夏は通気性の良い帽子をかぶり、熱さや紫外線から頭皮を守りましょう。

 

また、薄毛を帽子で隠したい方は帽子を脱ぐのがストレスになるぐらいなら着用しておけばいいと思います。

 

ただし、薄毛対策や育毛には繋がりませんので適度な脱着と帽子を清潔にすることを心がけましょう

 

あと冬にニット帽をかぶる方も多いと思います。

 

ニット帽は冬の寒さを防ぎ血行を良くしてくれたり、乾燥から頭皮を守ってくれるので、抜け毛対策としては有効です。

 

ただ、頭皮に密着しすぎるニット帽は、雑菌が頭皮に付着するリスクを高め、皮膚炎などの感染症の原因にもなりますので、かぶりすぎない、帽子自体を清潔に保つなどを意識しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか

 

帽子自体はかぶり方によっては髪の毛と頭皮を守りますし、帽子をかぶっているからハゲるということではなさそうですね。

 

ただかぶり方が良くないと、髪や頭皮に悪影響を与える場合もありますので、注意した方が良いということも覚えておいてください

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

京都市伏見区カット、お顔そり、育毛、増毛エクステのできる理容室「ファミリーサロンセブン」

 

ホームページ

http://seven-7.jp

 

 

ご予約、お問い合わせはお電話でお願いします

 

電話番号

カット受付AM8:30~PM7:00 カラー受付AM8:30~PM5:30 定休日毎月7日+α

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。