news

初めての床屋!お店の場合予約は必要?現役理容師が徹底解説!

更新日:

今日は理容室の予約について解説していきます。

最近の傾向ですが、美容室はホットペッパーなどで簡単に予約することができますね。

しかし、そこに理容室はあまり掲載されていません。

理容室は予約を受け入れていないのでしょうか?それとも予約してから行った方が良いのでしょうか?

今日は理容室の予約について理容室側、お客さん側、両方の立場から検証して行きたいと思います。

※理容室、美容室といっても店によって方針や予約のあるなしも違います。あくまで個人的な意見になります。

スポンサーリンク

理容室はなぜ予約制があまりない?その理由とは?

どちらかと言えば美容室は予約する、理容室はあまり予約をしないという傾向にあるような気がします。

実際予約を受け入れていない理容室も多いんですね。

その理由としては、下記のようなことが挙げられます。

・昔から予約を受け入れていないので、その流れが続いている

・予約を取ってしまうと隙間時間がもったいない

・1人にかかる時間が短いので、待ち時間が極端に多くならない場合が多い

こういった理由からあまり予約を取らない理容室が多いようです。

例えば1人で店をしている理容室で10時に予約が入ったとします。そうすると、9時45分にもし飛び込みでお客さんが来たとしたら、予約のお客さんをお待たせすることになるので、その飛び込みのお客さんを断らなくてはならないですね。

せっかく来ていただいたお客様を断るのはもったいない。だからと言って飛び込みのお客さんを受けてしまうと予約のお客さんをお待たせすることになる。せっかく予約したのに20分、30分も待たされると気分が悪いでしょうし、店側も予約のお客さんを大幅にお待たせするということに、気持ちが焦って目の前のお客さんにも集中できなくなったりします。

美容室も同じなんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、基本的に理容室と美容室ではメニュー構成に違いがあります。

同じ売り上げを上げるにしても美容室の場合は比較的「高単価で少人数」、理容室は「低単価で多数」のお店が多い。

お店にもよりますが、理容室のメニューとしてはカットとお顔そりメニューが中心のお店が多いです。カットとお顔そりなら長くても1時間、早ければ20~30分で終わります。(単価は2000円台~7000円程度)

対して美容室はカットもありますが、カラーリングやパーマも多い。カット1つをとっても長い髪の毛を扱うので髪を小分けにしてブロッキングしたり、乾かす時間も髪の毛が長いというだけで時間がかかります。

シャンプーも男性と女性では倍以上の時間、乾かすところまで考えると軽く3倍以上の時間がかかります。さらにカラーやパーマなども同時にすると2~3時間かかる場合もあります。(単価は7000円~1万5000円程度)

なので美容室の場合お客さんが重なると待ち時間が相当長くなる場合があります。

なので予約で振り分けておいた方がやりやすい場合が多いんです。

理容室は、そういった業務的な特性から予約は受け付けていないと考えられます。

理容室で予約はできる?

上記のような傾向にはありますが、理容室で予約ができる店も多くあります。

予約可能かどうかは、下記のような条件に一致しているか調べてみましょう。

・比較的高単価

・ネットでの集客に積極的な理容室

このようなお店は予約できる可能性が高いです。

例えば、ホームページを頻繁に更新していたり、ネットに広告を載せているような理容室であれば、ネット、電話予約を受け付けている可能性があります。

また、先ほどの美容室と同じ理由で単価の高い理容室も予約制が多いです。

 

予約できるかどうかは、まずその理容室を調査するところから始めてみましょう。

手っ取り早く調べるにはホットペッパービューティーの理容室、理髪店検索を使うのもおすすめ。

こういったところに登録している店舗でしたら予約できる可能性が高いです。

またインターネット検索で調べるとだいたい予約できるお店はホームページなどにも「予約制」「予約優先」など表示してある場合が多いです。

いつまでに予約すればよい?

店にも寄りますが、特にルールはありません。

当日でも空いていれば予約できるお店も多いです。

ただ人気店だと当日や次の日の予約はいっぱいというケースもあります。

行く日と時間が決まっているなら、できるだけ早い段階で予約を入れておくことをお勧めします。当店のお客さんも来店された日に次回の予約をして帰られる方もおられます。

実際多いのは3日以内の予約

とはいえ実際、理容室や美容室の予約を取るときは、3日以内の人が約7割というデータもあります。

行きたいと思ったタイミングで予約を取る、というスタンスで問題ないでしょう。

あとは店の人気度で予約がとりにくいお店なら早い目に、土曜日、日曜日などの忙しい日も早い目に予約した方が無難ですね。

キャンセルはできる?

キャンセルは大概の店舗で出来ますが、無断キャンセルなどした場合は店から電話がかかってくることもありますし、次回の予約ができないといったペナルティを受ける可能性もあります。

キャンセルをする場合は少なくとも前日までに連絡するのがいいです。当日急に行けなくなった時は、できるだけ早い段階でキャンセルを伝えるとお店も予定が組みやすいでしょうね。

理容室でキャンセル料を取るところはあまりありませんが、誠意を見せる意味でも必ず電話で伝えるようにしましょう。

お店にとってはあなたのために時間を確保していたので、その時間、他の予約を断っている可能性もあります。

電話予約の仕方とは

電話で予約を入れる場合、下記のような流れで予約する場合が多いです

1、予約したい旨を伝える

2、希望日時、メニューを聞かれる

3、名前を聞かれる

4、電話番号を聞かれる(店による)

上記が電話予約の流れになります。

髪型の話や髪質の話など細かい話をする必要はありませんが、気になることがある場合は事前に電話で確認しておくのもいいでしょう。

髪型の希望があれば、来店するときに切り抜きやスマホの画面などを提示できるようにしておくとより理想の髪型になりやすいでしょうね

電話予約の仕方の例

電話での予約が苦手な方にちょっとシミュレーションしてみましょう。

プルルルルルルー

店:はい、お電話ありがとうございます予約のできる理容室美容室です♪

あなた:「もしもし、予約をしたいんですけど」

店:「ありがとうございます。それではご希望のお時間ありますでしょうか?」

あなた:「23日の水曜日、午後1時から空いていますか?」

店:「23日の水曜日ですと、午後3時からなら空いているのですが、いかがでしょうか?」

あなた:「分かりました。3時でお願いします」

店:「ありがとうございます。それではお名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

あなた:「◯◯です」

店:「〇〇様、メニューはどうされますか?」

あなた:「カットをお願いします」

店:「ありがとうございます。ご連絡先はこちらの携帯番号でよろしいでしょうか?」

あなた:「はい」

店:「承知いたしました。それではご予約承りました。当日お気をつけてお越しくださいませ。失礼致します。」

 

このような流れになるのが一般的です。

必ずしも希望日時が空いているとは限らないので、いくつか候補を考えておきましょう。

また、気になることがあれば、その時に聞いておきましょう。

WEB限定の特別チケット配布中

ウェブチラシ

LINE@登録で50%オフ!!

ただいま、「2019年11月19日 限定」で全メニュー半額のWEBチケットを配布しています。
LINE@に登録して「ウェブチケみた!」
と予約して頂けると、1日先着3名様まで初回に限り半額とさせて頂きます(*^^*)

-news

Copyright© サロンセブン , 2019 All Rights Reserved.